カテゴリー : 本

ギャーテーギャテーパラギャーテーパラソーギャテー


 
 
「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶」
(ギャーテーギャテーパラギャーテーパラソーギャテー)

これは、般若心経の最後の部分です。
苫米地英人さんのblogに面白いエントリーがあったので、
紹介しつつ、メモ的にUP。
(苫米地さんはトンデモ的な人と扱われることが多いですが、その扱い方は逆説的に苫米地的ビジネス戦略に嵌っているかと思う)
この最後の部分はサンスクリット語で意味が無いため、
訳されずマントラとして読まれてきた部分だそうです。
それを苫米地さんは、
紀元前4000年ぐらいに遡る、筆記された言語としては最古のものである
シュメール語
で訳しております。
詳しくは苫米地さんのblogを読んで頂くとして、翻訳結果としてこうです。
「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶」(ギャーテーギャテーパラギャーテーパラソーギャテー)
↓↓↓↓↓↓↓
“I (we) shall, (let me/us) be, I shall (let me) be, let not le me be, let me must not be, so therefore, I shall (let me) be.”
「とありたい、とありたい、とありなくないとありたい、からこそとありたくない、それでとあるのだ。」

(パラギャーテの部分追加)
訳してみると、「空」のお経らしく、「色即是空」、「空即是式」の繰り返し強調とも合致しているようにもみえる。
「空」ですよ、「空」
釈迦がマントラを否定していたのは知らなかったけれど、
浅い認識として「経」とは、
「マントラ」、私の勝手な認識としては
「マントラ」 = 「音」「sound」
を介しての身体反応を即す「行為」
の手段としての「経」、「マントラ」だと解釈していた。
例えば、低周波を聴く、浴びたりすると変な気持ち(イイ気持ち?)になったり、反復ビート(4打ちとか)を聴いているとそれなりにビートに乗っている自分がいたりとか。それにより、精神状態も高揚していたりとか。
瞑想も然り、と解釈していたが、
苫米地さんの翻訳で解釈すると、もう少し思想的、真理的な解釈教義の意味合いで読むのかなと感じます。
勉強不足なのでよく解らないけれど、そもそも
「経」
とは何の為、どのような意味合いで読むのだろう?
何故、釈迦は経を読み、マントラを否定したのだろう?
色々と興味が湧きます。
そもそも、
「空」
とは何か?
想像できると仮定すると
私たちが現に経験している範疇で「空」を想像すると
「熟睡」
している状態、その時がまさに私たちが経験している「空」では無いのか?
否、
それは
「死」
では無いか?
いや、そもそも「空」とは概念であるから「想像」は出来ない・・・・・・・。
なんにせよ「熟睡」している状態、経験が「空」や「死」に近いかと少し思います。
もちろん「熟睡」している状態、経験なんてものは主体的に認知出来るものでは無いですから、なにも「想像」していることにはなりませんが・・・。
それが「空」、もしくは「死」かなと・・・。
どうも、頭が悪いのに色々と語り始めたものだから、まとまりがありませんが、それだけ興味がそそりますね、
「空」というものは。
この目の前の世界「これ」は。
苫米地英人blog全文
シュメール語『般若心経』
http://www.tomabechi.jp/archives/51015268.html#trackbacks



 

「下流志向」に観る、世代観−「それやって何の意味があるの?」

予定していた、イベントの2つが終わったので、
少し余裕が出てきて、最近、本を読んだのでご紹介。
ご紹介の本は、初版が約2年前になりますが
下流志向〈学ばない子どもたち 働かない若者たち〉 (講談社文庫) 著−内田 樹です。
その当時、
下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)という新書がベストセラーになり、
「下流」
という言葉が世間一般に流布し始め流行ったと記憶しているんだけど、
多分その当時の
下流ブーム
の一環、一企画として書かれた本だとは思うだけど、
自分としては、どちらかというと(否、確実に!)
「下流」の人間であって、卑下はしていなくても、どうにかしたい(特に収入)という思いがあり、
下流
ということに以前から興味があり、本屋で軽く立ち読みしたら、
ニートがIT長者を支持する理由
という論考があり、これにググっと惹かれて即、購入してしまいました(笑
下流社会 新たな階層集団の出現 (光文社新書)は基本的にデータに元ずく
「下流」
と階層付けられる
「ヒト」
の出現、定義付けに終止した、「下流」階層の「ヒト」達への初めての警鐘本だったと思うが、
いかんせんレポートのような構成が、
「下流」に巣くう本人自身としては恐怖心を煽られるが、警鐘としての回答としてはイマイチ、ピンと来なかった。
これが現実ですよ!!
と見せられて終わりみたいな。
本書は基本的に最近の学校事情に於ける、授業を聞かない生徒や、学びもしないし働きもしないニートといわれる子供達、
「ヒト」の考察を著したものですが、
これが非常に鋭い!!
といいますか、自分には授業放棄生徒、ニートの考察がまんま、ある
「世代」
すべてを説明していると読めるのです。
この「世代」の定義は1960年以降に出生した者すべてと云っても過言ではないと思います。
もちろん、ワタクシ、Masateruも含みます。
その点が前出の下流本とは違う、「下流」考察本になっております。
論としては授業放棄生徒、ニートが何故、学ばず働かないかと云うと、
「消費主体」
という立場で育った、生きている、からだそうです。
ある事柄について主体的に動くとき、
「等価交換」
という概念、価値観が働く、乱暴に言ってしまうと、
「それやって何の意味があるの?」
ということです。
自分のすることが(この場合、勉強と労働)苦役であるなら、それに見合う報酬がないと「等価」にはならないということです。
消費行動に例えると
500円の商品は500円の価値があると納得するから、500円を払い購入するのです。
300円の価値しかないと思う人は
「高い!」
と思いその商品を買いません。
これが「等価」ということです。
詳しい論考は本書を読んで頂くとして、
授業放棄生徒、ニートは行動原理として、経済合理性に於ける市場原理が働いているということです。
つまり、すべての行動が
「損」「得」
感情で動くのです。
この点がワタクシにはグサリ!!ときました!!
本書でもこの論を
「自分探し」

「キャリアUP」
と称した
「転職くん」

「クレーマー」
などにも見受けられるとして著していますが、
どうでしょう?
世代的に1960年以降に出生した人って(もちろん例外もあるし年長者もいる)
「損」「得」で動いてますよね???
ニート、転職くん、クレーマーってそこらの世代以降からじゃない?
本書に戻ると、
だからニートは、貧乏だからIT長者を認めないのでは無く逆に、
ホリエモンとかデイトレーダーとかの、
IT長者などに於ける少ない投資(行動・労)の割合に於ける報酬の高さ、
そこのところのクレバーさに共感、支持という、ある種小児的な心理がある(IT長者たちも)ということです。
これは本当にグサリです。
ワタクシはニートではないがすべての行動、行為を無意識にせよ、
「損」「得」
で勘定し、選択し、決定しているのは否めない事実だ。
もしかしたら
「人間関係」
もそうかもしれない。
本書によると、これは
「社会」
がそのように成り立っているので、
ニートなどを非難する時にいわれる
「自己責任」
とひとくくりに非難することは出来ないし問題の解決にもならないと言っています。
経済合理性(市場原理)の社会に忠実に育ち、考え、必死に行動する結果としての授業放棄であり、ニートであるからです。
そう、1960年以降に出生した者すべての世代に当てはまると思うのはこの点です。
経済合理性の社会はそのころから育まれてきてはいないだろうか?
我々は幼いころから普通に忠実にこの
「社会」
に適応し、育ってきたに過ぎないのです。
では、
授業放棄
ニート
自分探し
転職くん
クレーマー

etc
の問題を良くないと思うならどうすれば良いか?
「社会」を変える。
では
「社会」とは一体なにか?

SEX DRUG ROCK'N'ROLL

ニッキー・シックス ヘロイン・ダイアリーズ
 Nikki Sixx – the HEROIN diaries / ニッキー・シックス ヘロイン・ダイアリーズ

最近、この本を読んでおります。
80年代全盛だったLAメタルBAND、Motley Crue・モトリークルーのベーシスト、ニッキー・シックスのジャンキー徒然日記!!
ワタクシ、Masateruは80年代当時、モトリーが大好きで、よく拝聴しており武道館へも行きました!
ニッキーの日記も、ちょうどその当時に書かれてて、まだ前半しか読んでいないのだけれど、アルバムで言うと「Girls Girls Girls」のレコーディング、発売、ツアーの時期みたいで、俺が1番モトリーにはまっていた時にJUST!
しかし、まあ、
SEX DRUG ROCK’N’ROLL
とよく言いますがほんと、それしかしてないのね、ニッキーったら(笑
内容がジャンキーの日記であるとは云え、
DRUG→DRUG→DRUG→DRUG→SEX →DRUG→DRUG→SEX→DRUG→DRUG→DRUG→DRUG→ROCK’N’ROLL
生活のすべてがDRUGに終始。それがジャンキーだとは云え凄まじい。
それに日本では(SEX 居酒屋 ROCK’N’ROLL)、そこまで馴染まない「SEX DRUG ROCK’N’ROLL」と云うスタイルが、あちらのROCKバンド周辺では平然と行われている所に、些かカルチャ−ショック!!
パティーパティー、パティーアニマル化で、
SEX & DRUG SEX & DRUG SEX & DRUG
もう、ヤリまくり!!
(日本でもCLUB周辺ではあるのかな?こんなアニマルな感じ・・・)
Rolling Stonesのいわくつきの映画、Cock sucker blues・コックサッカーブルースを見たときも思ったけれど、
「ROCK」
をやる土壌がやはり違う気がする。
「SEX DRUG ROCK’N’ROLL」が「ROCK」のすべてでは無いけれど、「文化」「人類学」として観ると、やはりあちらのモノと云う感は否めないなあ。
でも、俺は都市生活者の民族音楽だと思っているので、気にせずROCKしますがね!
否、ロック!!
パティーアニマル化な事情や、ニッキーの辛い辛いジャンキー心情、内面も読めて、その辺興味のある方は、モトリーFanでなくても、おもしろく読めるんじゃないでしょうか!!

TOP

INFORMATION

Illegitimate Son
Of
a Rock n’ Roll star.

Roll on, roll on,
Maggie M’Gill.

Most Viewed

Most Viewed Pages