カテゴリー : 映画

映画「モンスター」−愛?希望?全部、戯言だよ


TVでやっていたので、今さらながら「モンスター」という映画を観た。
この映画は実在した元娼婦の連続殺人犯、アイリーン・ウォーノスの生涯を映画化したもので、
2003年の製作で主演のシャーリーズ・セロンがアカデミー主演女優賞を獲ったりと、なにかと評判だった映画のようです。
内容は娼婦のアイリーン(シャーリーズ・セロン)と同性愛者のセルビー(クリスティーナ・リッチ)が愛し合うようになり、
二人の生活の金策の為、アイリーンが殺人を犯していくという物語(実話)なんだけれども、
アイリーンの精神描写もさることながらアメリカ社会の絶望的な状況も垣間見れ、
悲哀に満ちた不条理的映画としても素晴らしい1本です。
例えば、アイリーンは13歳から娼婦になっている身の上で(実際は14歳、娼婦しか出来ないという状況が絶望的)、
そのアイリーンが街角に立ち売春するシーンで、
まず、ヒッチハイクで車を止め、乗せてもらったら、
「2人の子供の為にお金を稼がなくちゃいけないの・・」(もちろん嘘)
と言い売春(主にフェラ、フェラを交渉するというところがリアル)の交渉をし始めるシーンなんかは、
おそらくリアル娼婦の交渉でもある感じではないかと思えるし、
街角に立つ格好も派手な衣装や化粧できめるのでなく、
Tシャツとジーンズでノーメイクな格好で交渉する所なんかはほぼ実際の娼婦というか、
仕事のないアメリカ女性が手っ取りばやく稼ぐ行為として、
日常の何処でもある普通の光景なんだろうと思うと、
なんとも絶望的なアメリカ社会が見えてくる感じがします。
大家にサンドウィッチを貰ったお返しに「咥えようか?」というセリフも日常的なのだろう
しかし、1番の見所はやはり、めちゃくちゃなアイリーンの精神描写。
今まで、不幸の連続だったアイリーンがセルビーという愛し愛される「ひと」と出会い、
やっと運が向いてきたと高揚し、
アイリーンはセルビーの為に生きていくことを誓い幸福感に包まれ行動する。
しかし、取った客から暴行を受け、逃げ出す為に銃殺し、持ち金と車を奪い逃走。
捕まるのを恐れ、堅気の仕事を見つけようとするが、
娼婦しかやってきていないアイリーンに堅気の仕事が見つかるはずもなく、仕方がなく娼婦に戻る。

「人生は奇妙だ。思ってもいない方向に進んでいく」

セルビーには殺しのことは内緒だが、お金を持って帰ると喜ぶセルビー。
アイリーンは「愛する」ことを知り「売春」をすることに嫌悪し、それを求める客を殺す。
アイリーンは「殺し」についてなにも感じないわけではない。
「罪は犯していないと神に言える〜〜〜〜〜
信じられるひとがいれば、わたしは身を捧げよう・・・わたしはセルビーを信じる」

もちろん、自己正当化する為の詭弁ではあるのだが、このあたりの描写が恋は盲目的であり、
「ひと」「ひと」を愛する悲哀性や狂気性が表現されていて、涙出そうです(泣
そして、ラストシーンに向かうのですが、ここが本当に泣ける(泣(泣(泣
詳しくは言いませんが、
連続殺人犯がハッピーエンドに終わるはずもなく、
最後は捕まり罪を認め「死」を自ら覚悟するのですが、
その過程、セリフが最上級の不条理感を魅せます!
「愛は全てに勝つ
絶望の果てにも希望の光がある
信仰は山をも動かす
愛があれば道が開ける
物事には全て道理がある
生きているかぎり希望がある・・・・・・・
・・・・・・全部、戯言だよ・・・(アイリーン)」


ドキュメンタリーも制作されているので、
実際の状況やアイリーンの気持ちは映画とは違うんだろうけど、そちらも見てみたいです。
実在のアイリーンはこれ如何に??
PSしかし、上↑下↓が同一人物だなんて・・・俳優って凄いね・・・

鬱アニメ★魔法少女まどかマギカ


Pulla Mgi Maoka Maica – 01_chunk_1

To | Myspace Video

ネットをダラダラ徘徊していると、
妙に鬱アニメ?として評価が高く、評判だったので気になって見たら、
扱っているテーマが重く、結構ハマッチャいました!
via:鬱アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』救いはあるか?重すぎる「契約」結んださやか
via:絵にだまされるな!アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」はリアル社会だ!
これらの記事にもあるとうり、

絵が萌え萌えなので、アニメファンでなければ見てみようとなかなか思わないですが、
見てみるとやっていることが、現代社会のやりとり、葛藤そのものだったりで、
感情移入して見ているとたしかに鬱になります(笑
お話は、魔女と戦うために人間の女の子に魔法を授けて戦ってもらうというストーリーで、
その人間の女の子に魔法少女になってもらい戦ってもらうために、
願いごとをひとつだけ叶えてあげるという契約をキュウべえという生物(犬みたいなキャラ)とするのだけれど、
この
「願いごとをひとつだけ」
というのがくせもので、
「借金全部払ってやるかわりに身柄拘束」
と言わんばかりの現実に於ける契約事の葛藤みたいで、
自己利益

対価(話の中でも対価と言っている)
の関係そのものであったりして身につまされます。
その辺のセリフもカワイイキャラで淡々と言ったりするので妙に怖く感じるところも多々。
また、絵的にいうと魔女と戦う結界のシーンは、軽くシュールリアリスムっぽく、斬新です。
(関係ないですが、日本のアニメ描写はおもしろいものを描こうという意欲が見れて、自称アーティストの絵画より刺激的です。)
エヴァ的な鬱とは少し違った精神描写で、
また、エンターテイメント的にもおもしろいので、
薄い刑事ドラマや恋愛ものより、明らかに重いので、
絵で見ず嫌いにならずチラっと見てみてはどうでしょう。

ザ・ラスト・エクソシズムの禁止ポスター

先日、イギリスで広告使用禁止を命じられた、
ホラー映画『ザ・ラスト・エクソシズム / The Last Exorcism』
のポスター2点をメモ的にUP。
via : 血まみれ少女のイメージを使ったホラー映画のポスター、イギリスの広告基準局が禁止に


悪魔に取り憑かれた少女の不気味さが出てて、
クオリティーが高いですね。
日本の公開はまだ正式には決まっていないみたいですけど、
エクソシストですからね、多分来年に公開するんじゃないでしょうか?

(予告編を見た感想は、う〜ん・・・・・です。)
おまけ↓

When You're Strange – まぼろしの世界


そろそろ、公開ですね!
Doorsの曲からブランド名を頂いている、
Maggie M’gill
としてはやはり紹介しておかないと!!
映画はご存知の、
60年代後半から70年代初めに活動したRockBand
The Doors
を題材にしたドキュメンタリーで、
サンダンス映画祭、ベルリン映画祭等で好評を博したそうです。
ジム・ジャームッシュ監督の撮影を担当していた
トム・ディチロ
が監督を務めたり、ナレーターを
ジョニー・デップ
が担当したりとDoors以外の見所もあり!
Tvブロスの映画評では、BANDの混沌性が出ているので、
逆にfan以外の人が観るとおもしろそうという評もありました。
まあ、でも結局
Jim・Morrison
にspotしていくんでしょう。
しかし、Jimの「声」はほんと感じる・・・・・・。
これほど、暴力的で官能を刺激させる「歌声」を聴いたことが無い。
さあ、視ろ、
さあ、開けろ、
さあ、そして、壊し潜り抜けろ、
超えてしまうのだ、
さすれば解る、
清められた言葉達が、
おまえを超える、
それは超越に壊す、
そこには総てが有り総てが無い、
おまえも・・・・・・・、
Hey, Maggie!
跳べ、
跳べ、
跳べ。

オタク度満載映画 「スコット・ピルグリム対セカイ(仮)」


「スコット・ピルグリム対セカイ(仮)」
という映画をご存知でしょうか?
アメリカのコミックが原作なんですが、
japanメイドなオタク度が高く、
マンガ、ゲーム、ロック (カタカナ表記的なcheapな感じ)
が好きな方は楽しめそうな、コメディ映画みたいです。
(予告編からも想像つく)
その「スコット・ピルグリム対セカイ(仮)」の日本での公開が危ぶまれているみたいです。
その公開を求める為の署名を集めるサイトがあったので紹介いたします。
「映画スコット・ピルグリム対セカイ(仮)劇場公開を求める会」
http://scottpilgrimjp.web.fc2.com/

ハンドル名でも大丈夫ですので、皆さんも署名してあげて下さい!
公開されない理由は色々あるみたいですが、
日本の劇場では報奨金制度みたいなものもあり、
邦画を公開せざるを得ない事情が劇場側にもあったりして、
ヒットを見込めない洋画が敬遠されたりすることもあるみたいです。
個人的にはお金を払って映画を観るならば、
余命いくばくも無い恋人が死んでしまうような邦画より、
こういうアホっぽく、蒼い青春的な映画を好むんで、
経済的には難しいところもあるかもしれませんが、是非とも公開してもらいたいです。
(逆にこういう運動で公開された映画はpayできるんじゃないだろうか?)
詳しい映画のストーリーや裏事情は映画評論家・町山智浩さんのポッドキャストを聴いてみて下さい!
(TBSラジオ「小島慶子・キラ☆キラ」より)
「サルまん」から生まれた「スコット・ピルグリムVSザ・ワールド」
http://www.tbsradio.jp/kirakira/2010/08/20100820-3.html

TOP

INFORMATION

Illegitimate Son
Of
a Rock n’ Roll star.

Roll on, roll on,
Maggie M’Gill.

Most Viewed

Most Viewed Pages