カテゴリー : T-shirts

新作Tシャツ★個別の11人 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 2nd GIG』

 
TVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 2nd GIG』
に登場する
「個別の11人」
を名乗るテロリストのシンボルマークの新作Tシャツを発表いたします!

『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』関連では
「笑い男」のTシャツ

笑い男 — The Laughing Man

笑い男 — The Laughing Man/背景透過

を既に発表しておりますが

「個別の11人も作ってくれ!」

とのリクエストを頂き、
「笑い男」同様、ロゴマークのみのシンプルなデザインにしてみました。

「笑い男」と共に宜しくお願い致します!

ドロップシッピングでの販売会社はいつもの

Oh Yeah!

にUPしています。

——- TシャツPAGE ・DESIGNコメント ——-

TVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX 2nd GIG』に登場する「個別の11人」を名乗るテロリストのシンボルマーク。

マークのデザイナーは、Aphex Twin (エイフェックス・ツイン) のロゴマークを創ったポール・ニコルソン。

 

 
Tシャツ等のご要望を頂けば出来るかぎりお応えいたしますので、
どんな細かいことでもいいですから(サイズ、カラー、デザイン等のご要望)
Twitter・@maggiemgiil_com
へのメンションなり
CONTACT PAGEinfo@maggiemgill.com
へお気軽にお声をお聞かせ下さい!!
 

★アノニマス 掃除活動オフ・オペレーションACS #opA.C.S Tシャツ 別バージョン★デザイン画像データFREE DOWNLOAD★

 

先日、7月7日・渋谷にて、日本のアノニマス・Anonymous達による

「違法ダウンロード刑罰化法案」及び「ACTA」反対 掃除活動オフ
オペレーションACS

が無事行われ、メディア等の取材もあり、オペレーションのそれなりの成功を受け
(2回目のコミケは急過ぎて、失敗かも・・・)、
益々、

アノニマス・Anonymous

という存在、アイデアが注目されつつある流れを感じます。

アノニマス・Anonymousを基本支持する当ブランドも、
opACSの成功と応援(参加?)を込めてTシャツをデザインさせて頂き、
ありがたいことに好評を得ているのですが、

「ロゴマークのみにしてくれ!」

等のご要望があり、ここに、別バージョンのオペレーションACSのデザインを緊急にアップ致します。

また、アノニマス・Anonymousのトレードマーク的なガイ・フォークスのマスクのみのデザインもご要望があり、併せてアップ致します。

今回も違法ダウンロードに対し刑事罰を盛り込む改正著作権法の成立に抗議する旨の活動の、
成功と応援(参加?)を込めていますので、
「違法ダウンロード刑罰化法案」及び「ACTA」が、
FREE(無料という意味ではなく自由という意)なインターネット環境を脅かすものと当ブランドも考え、
多少こじ付けもありますが、当新作Tシャツのデザイン画像データを無償で提供したいと思います。

アイロンプリント等ご自由に画像データをお使い下さい!!

アイロンプリント用・印刷データ(背景透過) FREE DOWNLOAD!!

Anonymous Cleaning Service @op.A.C.S
淡色 #2 PNG画像データ

ANONYMOUS #opACS ロゴ

ANONYMOUS ガイ・フォークス

プリントにこだわる方は下記のドロップシッピング販売会社2社で、
インクジェットプリントTシャツを取り扱いしております。

T-SHIRTS TRINITY

Zazzle

宜しくお願い致します!

——- TシャツPAGE ・DESIGNコメント ——-

Anonymous Cleaning Service @op.A.C.S – アノニマス クリーニング サービス #opACS

アノニマス(Anonymous)は、インターネット上の匿名掲示板のようなオンラインコミュニティの利用者を中心に構成される、祭り・抗議行動・DDoS攻撃・クラッキングといった行為(ハックティビズム:Hacktivism)を行う集団、またはそうした一連の活動を指すインターネットミームである。

P2P規制やポルノ規制への反撃、ウィキリークスやアラブ騒乱を抑圧する各国政府への攻撃など、情報の自由に対する脅威と彼らがみなしたものに対して大規模な攻撃を突発的に行っている。
Wikipediaより転載

12年6月、違法ダウンロードに対し刑事罰を盛り込む改正著作権法の成立に抗議する旨#opjapanと称して、日本政府と日本レコード協会に対し“宣戦布告”し、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)や財務省や最高裁判所などのサイトへサイバー攻撃を始めたとされ、それらのサイトが書き換えられたり、閲覧できなくなったりした。

その#opjapanに触発された日本のアノニマス(Anonymous)が、自分たちは合法であろうと考え動き出した新しい日本流のアノニマスの作戦のひとつが、
Anonymous Cleaning Service – #OpACSである。

#OpACSの具体的な作戦内容は、合法でユーモア溢れる清掃ボランティア活動オフ会を行うことで、「ACTA」及び「違法ダウンロード刑罰化法案」の問題点を人々に広め、アノニマス(Anonymous)の存在と主張の認知を図ること。

詳しくは彼らのサイトを参照されたし。
Anonymous Cleaning Service@op.A.C.S

Tシャツのデザインは第1回 #OpACS掃除活動オフを告知するチラシ画像にデザインされたロゴから。世界中で周知されているアノニマス(Anonymous)ロゴとお掃除の象徴、箒のシルエットのマッシュアップ。

We are Anonymous.
We are Legion.
We do not forgive.
We do not forget.
Expect us.

T-SHIRTS TRINITY

 

 

 

 
Zazzle

 

アノニマス・AnonymousTシャツ他デザインはこちらのLINKから!

 

Tシャツ等のご要望を頂けば出来るかぎりお応えいたしますので、
どんな細かいことでもいいですから(サイズ、カラー、デザイン等のご要望)
Twitter・@maggiemgiil_com
へのメンションなり
CONTACT PAGEinfo@maggiemgill.com
へお気軽にお声をお聞かせ下さい!!

 

★アノニマス/ガイ・フォークスをTシャツにステンシルでスプレーしてみた!★

 
先日、

7/7 渋谷 アノニマス清掃オフ会

が無事、行われ、

その活動の賛同、応援ということで

★7/7渋谷アノニマス清掃オフ会のロゴ画像をアイロンプリントしてみた!★

をUPさせて頂きましたが、

本家のAnonにツイートして頂いて(拡散力が凄い)、

https://twitter.com/AnonymousIRC/status/220877662330159104

(追記:この記事もツイートされました。Expect Us! https://twitter.com/AnonymousIRC/status/223232399650209793

一部の方々には喜んで頂けたみたいで、嬉しく思い、

次回のopACSの弾みになればと、調子に乗って(笑

今度はアノニマス・ガイフォークスのマスクをステンシルでスプレープリントしてみました!

ステンシルシートに使ったのはOHPのフィルム(A3)です。

森本化成 OHPフィルムA3IJ用 BG32D−A

森本化成 OHPフィルムA3IJ用 BG32D−A
価格:1,869円(税込、送料別)

OHPフィルムは素材が少し堅いため、フォントのカーブの切り口等、角ばってしまうことが多いので、

今回は単に余っていたのを使っただけですので、

可能であれば専用のステンシルシートを使用した方がいいかもしれません。

インクジェットプリンターで出力しました。

印刷された、黒い部分をカットしていきます。

印刷された部分をカットしました。

見づらいのはご勘弁を m(_ _)m

カットする道具はデザインナイフというものを使いました。

普通の、刃を折るタイプの100円カッターでも出来なくはないですが、

刃がロック出来ないタイプだと、力が入れにくいので、切りづらいと思います。

私は使ったことがないのですが、マークカッター(電熱カッター)を使うと楽かもしれません。

フォントの先端はあまり綺麗ではないのがわかると思います。

また、黒く切り残した跡も見えますね。

この辺はステンシルシートの素材とカットの技術でカバー出来るかと思いますが、

ステンシルは多少雑な方がカッコよく見えたりしますので(言い訳…)

あまり神経質にならなくとも、いいと思います。

今回、使用したTシャツはanvilのプレシュリンク・ホワイト・3枚パック!

またもや、ドンキホーテで購入、¥980でした。

プリントに使用したスプレーは染めQという、革製品や布を染めることに特化したスプレー。

普通のアクリル系のスプレー塗料でも大丈夫ですが、

一度、使ってみたかったので、試しに使用してみました。

では、スプレーしていきたいと思います。

一応、Tシャツのなかに新聞紙をはさんでいます。

塗料の種類やスプレー塗布の、し過ぎでTシャツの背面に染み込むことがあった為、念のためです。

プリントしたい所にステンシルをセット。

ステンシルにはスプレーのりを塗布して、Tシャツと密着させています。

スプレーのりで密着させても大概に輪郭は滲みます。しかし、そこがステンシルの味です!

プリントしないTシャツの部分を新聞紙でマスキング。

養生テープで隙間を防いでいるのは、

稀にこの隙間から、霧状になったスプレーの塗料が侵入して、

ステンシルシートの枠外を塗布(枠外の四角をプリント)してしまうことがあるからです。

しかし、稀なので、ここまで神経質にならなくともいいかもしれません。これも念のためです。

スプレーしてみました!

これはスプレーし過ぎです (;^_^

ステンシル上の部分部分に、塗料がダマ・玉になっているのがわかるかと思います。

ダマが出来てしまうのは、スプレーのし過ぎです。

ダマになるまでスプレーすると、

ステンシルを剥がす時に塗料がたれたり、Tシャツと密着していても霧状になったスプレーの塗料が侵入していきます。

 

また、塗布したTシャツがステンシル上の黒より、白っぽいですが、Tシャツ上は十分黒いですから気をつけて下さい。

(これがスプレーし過ぎる原因)

出来上がりです!

今回は60点ぐらいでしょうか?

やはり、ダマになったところは塗料がたれて染みていたり、滲みが多かったりしていますね。

しかし、ステンシルの味といえばですので、まあ、成功でしょう!

着てみれば、染み等気にならず、アリですね!

ただ、アノニマス・AnonymousのTシャツは黒系の方がカッコいいかな…

今度はブラックボディにホワイト色でスプレーしてみたいと思います!

(anvilのMサイズはちょっとデカイね…)

 

では、またここに画像リンクを貼り付けておきますので、ステンシルを楽しんでください!!

(ストリートでのステンシル落書きはダメですよHaha

 

ステンシルプリント等ご自由に画像データをお使い下さい!!

ステンシル用・印刷データ(背景透過) FREE DOWNLOAD!!

Anonymous /ガイ・フォークス 面 PNG画像データ
 

★7/7渋谷アノニマス清掃オフ会のロゴ画像をアイロンプリントしてみた!★

 
7/7渋谷アノニマス・Anonymous清掃オフ会が迫り、
参加するアノニマス達は準備を整えていること思います。

当ブランドも微力ながら応援(参加?)することとなり、
#opACSのロゴTシャツを作り、
その画像データをFREE DOWNLOAD(下記に直リン)させて頂いています。

Twitterで検索してみると、海外のanonアカウントから当ブランドの画像ロゴが出回っており、
ネットのフリー性とスピードに驚き、喜んでいます!
http://twitpic.com/a3v5ny http://twitpic.com/a3v5nm

そこで、FREE DOWNLOADさせて頂いている画像ロゴデータを自身でアイロンプリントしてみたいと思いここにレポート致します。
これから、アイロンプリントしてみようかなと思っている方は参考にしてみて下さい。


使った、アイロンペーパーは
ELECOMの「白・カラー生地用」です。

ブラックTシャツにプリントしようと思い、これにしました。
正直、アイロンプリントは始めてなので、色の出かたや洗濯後の感じなど、
アイロンペーパーの違いで変わるのかなと思いますがとりあえず、
カラー生地用はこれだけだったので試しのELECOMです。

値段は1200円弱でした。探せばまだまだ安いのはあるでしょう。(白地のみは安い)

これが、インクジェットプリンターで出力したものです。
プリンターはhpです。

左のプリントしたものは縁なしで出力してしまったので、ロゴがギリギリまで印刷されています。
なので、多少、右より大きく印刷されています。

それと、元画像データ(下記元画像フリーデータ参照)にあった白文字のロゴ(フォント)が消えています。
ご存知にように、プリンターは白印字は白、つまり印字されずにプリントされます。

もうひとつの画像データの黒文字ロゴ(フォント)を使ったり、
このデータを自身で変える等必要かもしれません。
今回は、ロゴマークのみでアイロンプリントしてみたいと思います。

プリントアウトしたものをトリミング、切ったものです。
左はペーパー、ギリギリまで印刷されて余裕がなかったので、画像のアウトラインに沿って切りました。

後でまた言いますが、画像のアウトラインに沿って切ると、染料のインクが剥がれるようです。
(後のアイロンプリントに大きな違いが・・・)

上手に切っても、その切り口の黒いインクが剥がれ、白いラインが残る感じです。

右は、アウトラインに沿って余白を残してトリミングしたものです。

Tシャツのボディは、半年前にまとめて購入しておいた、
ドンキホーテで売っている、5枚で、、、たしか900円ぐらいのパックTシャツ!

仕事用に着ているのですが、薄地ですが結構、持ちます。(失敗してもよいし)

アイロンプリントする前に新品Teeでも着古しでも、
軽くプリントする位置をアイロンしておいた方がプリントがうまくいくと思います。(皺取り)

そして、プリントをする位置にセッティングします。(トリミングした白い後が見えると思います)

その上から、仕上げ紙という、半紙のような、油紙のようなものを載せて、高温でアイロンします。

少し冷めてから、仕上げ紙をはがし出来上がりです。

こちらは、余白バージョン!

濃色のTシャツなので黒地が、透けるかと思いましたが、そうでもないです。
プリント力も今の所、なんの問題も無く、きちんと貼り付けられています。

ただ、残念なのが、アウトラインの出来です。
さきほども、書いたとうり、画像のアウトラインに沿ってトリミングすると、印刷されたインクが剥がれトリミングが失敗したように、白く残ります。

トリミングの技術の問題もありますが、ELECOMのアイロンペーパーではこうなると思います。

他の製品も軽くチェックしてみたところ、
大体の製品で余白を取ってトリミングしましょう、
と説明されているところをみるとアイロンペーパーはこういうものなのかもしれません。

今後、洗濯後のプリント状態も気になりますが、安価で手軽に楽しむなら、アリじゃないでしょうか!

また、今後色々な製品で試してみようかと思いますが、うまくアイロンプリントをするコツは、
良いアイロンペーパー製品を選ぶことと、トリミングの技術かと思います。

貼り付けはよほどのことがない限り、失敗しないよう思います。

では、ここに画像リンクを貼り付けておきますので、アイロンプリントを楽しんでください!!

そして、アノニマス・Anonymous諸君は、7/7渋谷に集合!!

 

アイロンプリント等ご自由に画像データをお使い下さい!!

アイロンプリント用・印刷データ(背景透過) FREE DOWNLOAD!!

Anonymous Cleaning Service @op.A.C.S
淡色 48cm x 71cm PNG画像データ

Anonymous Cleaning Service @op.A.C.S
濃色 48cm x 71cm PNG画像データ

プリントにこだわる方は下記のドロップシッピング販売会社3社で、
インクジェットプリントTシャツを取り扱いしております。

UP-SOLD

T-SHIRTS TRINITY

Zazzle
 

★緊急★7/7渋谷にて日本のアノニマスの作戦 掃除活動オフ Anonymous Cleaning Service @opA.C.S始動!!Tシャツ★デザイン画像データFREE DOWNLOAD★

 

 

先日、海外のアノニマス・Anonymousが違法ダウンロードに対し刑事罰を盛り込む改正著作権法の成立に抗議する旨#opjapanと称し、日本政府と日本レコード協会に対し“宣戦布告”し、
社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)や財務省や最高裁判所などのサイトへサイバー攻撃をされ日本でも話題になりましたが、

その#opjapanに即発され、
日本のアノニマス・Anonymous達が動き出しました!

我ら、日本のアノニマス・Anonymousの作戦と海外のアノニマス・Anonymous作戦の大きな違いは、
海外のアノニマス・Anonymousが非合法なサイバー攻撃で主義・主張の表明、周知するのに対し、
我ら、日本のアノニマス・Anonymousは合法で、またユーモア溢れる掃除ボラティア活動オフ会を通じ、
主義・主張の表明、周知していく作戦だということです。

この新しい日本の日本のアノニマス・Anonymousの作戦手段は、
もしかしたら今までのアノニマス・Anonymousが持つ、
悪のイメージを払拭し、
また新しい抗議活動の形を提示することになるかもしれません。

わたくしも、日本のアノニマス・Anonymous達が集うIRCチャットを覗いてみたりしているんですけど、
皆、「ACTA」及び「違法ダウンロード刑罰化法案」の問題点を憂い考え、
真面目に自由なネット環境を守る為、作戦実行の為、討論しています。

また、2ちゃん的なユーモアも忘れずにいるところが、
日本のアノニマス・Anonymous達に賛同を得ているんだな~と感じます。

そこで、
アノニマス・Anonymousを基本支持する当ブランドも、
opACSの成功と応援(参加?)を込めてTシャツをデザインさせて頂きました。

今回も違法ダウンロードに対し刑事罰を盛り込む改正著作権法の成立に抗議する旨の作戦であり、
「違法ダウンロード刑罰化法案」及び「ACTA」が、
FREE(無料という意味ではなく自由という意)なインターネット環境を脅かすものかと考え、
多少こじ付けもありますが、当新作Tシャツのデザイン画像データを無償で提供したいと思います。

アイロンプリント等ご自由に画像データをお使い下さい!!

アイロンプリント用・印刷データ(背景透過) FREE DOWNLOAD!!

Anonymous Cleaning Service @op.A.C.S
淡色 48cm x 71cm PNG画像データ

Anonymous Cleaning Service @op.A.C.S
濃色 48cm x 71cm PNG画像データ

プリントにこだわる方は下記のドロップシッピング販売会社2社で、
インクジェットプリントTシャツを取り扱いしております。

T-SHIRTS TRINITY

Zazzle

宜しくお願い致します!

え?
私が参加するかって?
参加するって言ったら、アノニマス・Anonymousではなくなりますから(笑
また、作戦は継続し全国でも展開される予定ですので、
今回、参加出来ない人も、
次回までに掃除スキルをアップして期待して持ちましょう!

では渋谷で!!

7月7日 午前10時~ 東京・渋谷

Anonymous Cleaning Service@op.A.C.S
「違法ダウンロード刑罰化法案」及び「ACTA」反対 掃除活動オフ

【持ち物】ガイ・フォークスマスク、軍手、ゴミ袋、黒系の服

詳細は下記から
http://www48.atwiki.jp/opjapan-jp/
 
 

——- TシャツPAGE ・DESIGNコメント ——-

Anonymous Cleaning Service @op.A.C.S – アノニマス クリーニング サービス #opACS

アノニマス(Anonymous)は、インターネット上の匿名掲示板のようなオンラインコミュニティの利用者を中心に構成される、祭り・抗議行動・DDoS攻撃・クラッキングといった行為(ハックティビズム:Hacktivism)を行う集団、またはそうした一連の活動を指すインターネットミームである。

P2P規制やポルノ規制への反撃、ウィキリークスやアラブ騒乱を抑圧する各国政府への攻撃など、情報の自由に対する脅威と彼らがみなしたものに対して大規模な攻撃を突発的に行っている。
Wikipediaより転載

12年6月、違法ダウンロードに対し刑事罰を盛り込む改正著作権法の成立に抗議する旨#opjapanと称して、日本政府と日本レコード協会に対し“宣戦布告”し、社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC)や財務省や最高裁判所などのサイトへサイバー攻撃を始めたとされ、それらのサイトが書き換えられたり、閲覧できなくなったりした。

その#opjapanに触発された日本のアノニマス(Anonymous)が、自分たちは合法であろうと考え動き出した新しい日本流のアノニマスの作戦のひとつが、
Anonymous Cleaning Service – #OpACSである。

#OpACSの具体的な作戦内容は、合法でユーモア溢れる清掃ボランティア活動オフ会を行うことで、「ACTA」及び「違法ダウンロード刑罰化法案」の問題点を人々に広め、アノニマス(Anonymous)の存在と主張の認知を図ること。

詳しくは彼らのサイトを参照されたし。
Anonymous Cleaning Service@op.A.C.S

Tシャツのデザインは第1回 #OpACS掃除活動オフを告知するチラシ画像にデザインされたロゴから。世界中で周知されているアノニマス(Anonymous)ロゴとお掃除の象徴、箒のシルエットのマッシュアップ。

We are Anonymous.
We are Legion.
We do not forgive.
We do not forget.
Expect us.

 
 


 
 
 

 
 

T-SHIRTS TRINITY

 

 
 
Zazzle

 

 
アノニマス・AnonymousTシャツ他デザインはこちらのLINKから!

 

Tシャツ等のご要望を頂けば出来るかぎりお応えいたしますので、
どんな細かいことでもいいですから(サイズ、カラー、デザイン等のご要望)
Twitter・@maggiemgiil_com
へのメンションなり
CONTACT PAGEinfo@maggiemgill.com
へお気軽にお声をお聞かせ下さい!!

 

TOP

INFORMATION

Illegitimate Son
Of
a Rock n’ Roll star.

Roll on, roll on,
Maggie M’Gill.

Most Viewed

Most Viewed Pages