ニッキー・シックス ヘロイン・ダイアリーズ
 Nikki Sixx – the HEROIN diaries / ニッキー・シックス ヘロイン・ダイアリーズ

最近、この本を読んでおります。
80年代全盛だったLAメタルBAND、Motley Crue・モトリークルーのベーシスト、ニッキー・シックスのジャンキー徒然日記!!
ワタクシ、Masateruは80年代当時、モトリーが大好きで、よく拝聴しており武道館へも行きました!
ニッキーの日記も、ちょうどその当時に書かれてて、まだ前半しか読んでいないのだけれど、アルバムで言うと「Girls Girls Girls」のレコーディング、発売、ツアーの時期みたいで、俺が1番モトリーにはまっていた時にJUST!
しかし、まあ、
SEX DRUG ROCK’N’ROLL
とよく言いますがほんと、それしかしてないのね、ニッキーったら(笑
内容がジャンキーの日記であるとは云え、
DRUG→DRUG→DRUG→DRUG→SEX →DRUG→DRUG→SEX→DRUG→DRUG→DRUG→DRUG→ROCK’N’ROLL
生活のすべてがDRUGに終始。それがジャンキーだとは云え凄まじい。
それに日本では(SEX 居酒屋 ROCK’N’ROLL)、そこまで馴染まない「SEX DRUG ROCK’N’ROLL」と云うスタイルが、あちらのROCKバンド周辺では平然と行われている所に、些かカルチャ−ショック!!
パティーパティー、パティーアニマル化で、
SEX & DRUG SEX & DRUG SEX & DRUG
もう、ヤリまくり!!
(日本でもCLUB周辺ではあるのかな?こんなアニマルな感じ・・・)
Rolling Stonesのいわくつきの映画、Cock sucker blues・コックサッカーブルースを見たときも思ったけれど、
「ROCK」
をやる土壌がやはり違う気がする。
「SEX DRUG ROCK’N’ROLL」が「ROCK」のすべてでは無いけれど、「文化」「人類学」として観ると、やはりあちらのモノと云う感は否めないなあ。
でも、俺は都市生活者の民族音楽だと思っているので、気にせずROCKしますがね!
否、ロック!!
パティーアニマル化な事情や、ニッキーの辛い辛いジャンキー心情、内面も読めて、その辺興味のある方は、モトリーFanでなくても、おもしろく読めるんじゃないでしょうか!!