2010年 5月 の記事

iPadより凄くて安い!75ドルのXO-3!!


iPadより安くて、明るい日差しの下でも画面が見やすい、
75ドルのタブレット型PC
「XO-3」
が発売予定です。
開発しているのは
非営利団体One Laptop Per Child(OLPC)
OLPCとは
「OLPCは、世界中、特に開発途上国の子供たちに革新的な教育理論に基づく学習の手段を提供することを目的として活動しているNPOである。(Wikipediaより転載)」
今回のiPadのような騒ぎになると、
アンチiPadや似たような商品の続出、というような反応がありますが
「PC」
という「道具」を簡単に使い、安く購入出来るという方向性は良いことだと思います。
正直、約5万円という値段は1部の非正規労働者には、まだまだ逡巡させる値段だし、
開発途上の国々ではもっと手に届かない物だろう。
実際、グローバルなネットインフラが整った社会、世界で「PC」は
「貧者」
と定義される所得者に有利に働き、便利であり、武器にも成る、と思うので、
iPod→iPhone→iPad→XO-3→老若男女富貧が持ち使えるPC(TV化・携帯化)
の流れは良いことなんじゃないかなと思います。
(下世話な話、ネット環境を24時間自由に使えれば、非常に安く娯楽は得られる)
記事元:
タブレット型のOLPC XO-3、プロトタイプを年内にも披露へ
非営利団体One Laptop Per Child(OLPC)

ヤノマミ(にんげん)

やっと観ました、
NHKスペシャル
「ヤノマミ・奥アマゾン 原初の森に生きる」

「ヤノマミ」とはアマゾンに居住し、1万年以上変わらない文化・風習を守り続けている南米の原住民族の一部族のことです。
そしてヤノマミ族との10年近い交渉の上、長期の同居を許され、それをドキュメントした番組がこれです。
ネット等で(自分は小島慶子のキラキラ)話題になっていたので気になってはいたのですが再放送も見逃してしまい、
だったら非合法?に動画検索して拝見いたしました。
番組の1番の中核になっているのは14歳の少女(女性?)が出産し、
その嬰児を精霊のまま天に戻すということで、
嬰児を殺し焼く(荼毘)というエピソードでしょうか。
ヤノマミ族は出産すると、その母親がその子供を
「にんげん(ヤノマミ)」
として認めて育てるか
「精霊」
として天に返すか(中絶)を決めなくてはいけない風習があります。
他にも原住民らしい風習、思想が観れ色々と考えさせられます。
(例えば取材クルーを敵がどうか判断しかねるシーンがあり、「敵」と認めれば「殺す」というような言動があります)
しかし、「原住民」と云え
「ひと」
が作るひとつの
「社会」
「文化」
には変わりありません。
その辺りが話題になる要素なのかもしれません。
veoh web playerがインストールされていないと冒頭5分で観れなくなります。
Watch NHK_YNM_Amazon in Educational & How-To  |  View More Free Videos Online at Veoh.com

デザイン・フェスタ vol.31終了!!(インディーズという日常)


 
 

「デザイン・フェスタ vol.31」出展が無事終了致しました!
Tシャツを買って下さった方、話しかけてくれた方、作品を鑑賞してくださった方、
ブースに足を止めてくださった方全ての人に感謝致します!!
どうも有難うございました!!!!!!!!!!!!!!!
今回はやはり、事前に告知したように
「男精弾 – BULLET(Adam)」
「女卵花 – ROSE(Eva)」
「mush #6」

のTシャツを発表出来なかったことが最大の落ち度であり反省する点であります。
特に在り難いことに「男精弾 – BULLET(Adam)」「女卵花 – ROSE(Eva)」のグラフィックを気に入ってくださった方、Tシャツをお待ちしていた方々が大勢いらっしゃり、
「このTシャツはないのか?」
と大勢の人に聞かれたにも関わらず、ない旨を申し訳なく返答するしかなかったことが悔やまれます。
これも私の甘さ故の愚行でございます。
maggieを始めて知ってくださった方からも、
「このTシャツあったら絶対買いますよ!」
「ネットから発売する予定は?」
など、非常に在り難いお言葉を頂いても恐縮するかぎりです。
必ず近いうちに発表、発売いたしますのでもう少しお待ち下さい!
本当に申し訳ございませんでした。
また、今回はこちらからも色々質問したりして、長くお話出来た方が何人かいらして大変充実し勉強になったデザインフェスでした。
なかなか自分の作品を客観視するのは難しく、
こういう機会に皆さんとお話出来るのが本当に糧になるし勉強になるし、そして単純に嬉しいです。
こちらの勝手な質問に丁寧に答えて頂き本当に有難うございました。
個人的には2足のわらじを履くという
「日常」
に色々と限界や期待出来る部分が少し見えてきた、今回のデザフェス出展でした。
「Indies・インディーズ」
という「日常」での活動スタイル。
バンドで云えば、生業を持ちながら好きな音楽を2,3ヶ月ペースなりでLIVEを演るみたいな、
「活動」
もちろん本業になってしまえば1番良く、希望なのですけど、
なかなか難しいですからね。
今回のように期待していたTシャツを発表出来ない、というようなことはないように頑張っていきたいと思います!
しかし、今回のデザフェスは今までの出展で1番充実した回だと思います。

ブースに足を止めてくださった方全ての人に感謝致します、本当に有難うございました!!


psまだ未定ではありますが、Tシャツ及びグラフィックの新作の少なさに反省致し、次回の11月のデザイン・フェスタは見送り、来年のデザイン・フェスタへ持ち送るかもしれません。



 

デザインフェスタへTシャツ、間に合わず・・・・

 
申し訳御座いません。
予定していた
「男精弾 – BULLET(Adam)」
「女卵花 – ROSE(Eva)」
そして、新作のTシャツが
明日、明後日の5月15日(土), 16日(日) のデザイン・フェスタへでの発表、発売の予定でしたが、
MaggieM’gill、Mushroom cloud of the MANの両ブランド主宰、Masateruこと私自身の考えの
「甘さ」
により発表、発売を延期することと成りました。
約1年近く、新作Tシャツを発表出来ておらず、
少なからず今回の新作へ期待してくれていた方々へ謝罪する意で御座います。
本当に申し訳御座いません。
延期の「甘さ」を詳しく言うと
シルクスクリーンプリントの技術、知識への「甘さ」です。
数回、経験があったもので
「何とかなるだろう?」
と高をくくっていたのですが何とか成りませんでした。
非常に恥ずかしく反省する次第で御座います。
どのような感じかといいますと例えばこれです。

これは紙に刷ったものですが、絵柄が細かく版にインクが詰まっています。
そしてこれ、

この絵柄はもっと細かく、版の露光は結構うまくいったのですが、インクが流れ過ぎてベタになっています。
今では多少改善出来ていますが、このような失敗が山のように続出で、Tシャツはおろか紙の作品でさえ1枚も成功しませんでした。(版もなかなか成功せず、おかげで乳剤1本すぐに使い切ってしまった)
本当に甘く、恥ずかしく、申し訳ない思いですが、
これから、シルクスクリーンプリントの技術に精進し、
絶対にハンドメイドの新作を発表したいと思いますので、
何卒、宜しくお願い致します。
今回は本当に申し訳ありませんでした。
また、今回のデザインフェスですが、
失敗版ではありますが
Masateru(MaggieM’gill)
けいかみえいち(Mushroom cloud of the MAN)
の新作グラフィックを展示いたしますので、
よろしければ遊びに来てください!
Tシャツもデザフェス特価で販売致します!!
宜しくお願い致します!!

デザイン・フェスタ in 東京ビッグサイト vol.31

2010年5月15日(土), 16日(日) 11:00 – 19:00
東京ビッグサイト 西1, 2, 3, 4ホール, アトリウム & 屋外
masateru/けいかみえいち
ブースno. 4F C+1341

ps時間が無いのも困る。2足のわらじでやるには、なかなか難しい。
 

MORPHOLOGIC(形態)

生物とアンビエントな綺麗な映像・・・・・・・
「美」
すぐ「そこ」に在る。

‘Corynactis viridis’ from MORPHOLOGIC on Vimeo.

‘Oyster Vision’ from MORPHOLOGIC on Vimeo.

‘Preener’ from MORPHOLOGIC on Vimeo.

‘Cleaner’ Pt. 2 from MORPHOLOGIC on Vimeo.

http://www.morphologicstudios.com/

TOP

INFORMATION

Illegitimate Son
Of
a Rock n’ Roll star.

Roll on, roll on,
Maggie M’Gill.

Most Viewed

Most Viewed Pages