下記は原始仏教に於ける
「十善戒」
である。
? 不殺生・ふせっしょう(故意に生き物を殺しません)
? 不偸盗・ふちゅうとう(与えられていないものを取りません)
? 不邪淫・ふじゃいん(みだらな性的関係を持ちません)
? 不妄語・ふもうご(嘘をつきません)
? 不綺語・ふきご(無駄な噂話をしません)
? 不悪口・ふあっく(乱暴な言葉を使いません)
? 不両舌・ふりょうぜつ(他人を仲違いさせるような言葉をいいません)
? 不慳貪・ふけんどん(異常な欲を持ちません)
? 不瞋恚・ふしんに(異常な怒りを持ちません)
? 不邪見・ふじゃけん(因果、業報、輪廻等を否定する、間違った見解を持ちません

Wikipediaより

下記はユダヤの律法である、
「モーセの十戒」
である。
? 唯一神礼拝( 主が唯一の神であること)
? 偶像禁止(偶像を作ってはならないこと、偶像崇拝の禁止)
? 神名濫称禁止(神の名を徒らに取り上げてはならないこと)
? 安息日厳守(安息日を守ること)
? 父母への尊敬(父母を敬うこと)
? 殺人禁止( 殺人をしてはいけないこと)
? 姦淫禁止(姦淫をしてはいけないこと)
? 盗奪禁止(盗んではいけないこと)
? 偽証禁止(偽証してはいけないこと)
? 貪婪禁止( 隣人の家をむさぼってはいけないこと)

Wikipediaより

「モーセの十戒」に於いては前半は宗教規定であるが、
後半は倫理規定である。
そしてこの後半の五つの倫理的規定は
「十善戒」のうち、
「五戒」と言われる五つの戒律のうちの四つの戒律にほぼ重複し、
プラスひとつ戒律を加えるとほぼ同じく対応する。(仏教の五戒とは、十善戒の元。不飲酒が入る)
 不殺生 = 殺人禁止
 不邪淫 = 姦淫禁止
 不偸盗 = 盗奪禁止
 不妄語 ≒ 偽証禁止
 不慳貪 ≒ 貪婪禁止

また、仏教新興以前の古代インドの民族宗教バラモン教の
「五つの大なる誓戒」
にも、
 ? 生命を傷つけないこと
 ? 偽りを語らぬこと
 ? 盗みをしないこと
 ? 婬事を断つこと
 ? 何ものを所有しないこと

ほぼ重複、対応している。
「五戒」と「モーセの十戒」は共に
紀元前600年頃にまとめられたと言われている。
(ちなみにユダヤ教、バラモン教の誕生は共に紀元前1300年頃である)
ガンジズ河流域とユダヤの地とで、ほぼ同じ時代に同じ形式で倫理的戒律が成立したのである。
この辺り民族誌学的(移動)にも興味をそそられますが、
「倫理」
的に、ほぼ同じことを説くところが
「人間」
という存在形成に於ける原理性が有りそうで興味を覚えます。
これらの五戒律は、特定の宗教を信仰しない現代人でも同意出来る「倫理」感である。
否、「倫理」と云えばこの五戒律と言っても間違いではない、言い過ぎではないほど、我々が抱く
「倫理」
そのものなのではないだろうか?
つまり、「倫理」とはその時代のその人達が考えたり、信じたり、標榜したりするものではなく、
端に受け継がれてきたもの、刷り込まれているものなのではないだろうか?
何故、この五戒律の行動概念性を打ち立てたのか(それの因)は誰も解らないが、この世界
「生きる」
と言うことに於いてこの五戒律の行動概念性が
「善」
ということだと考えられたからに他ならない。
つまり「生きる」ということに於いて、
何かしらの理由に於いて(おそらく感覚に於いて形成される不快、苦)
「善」
という概念が生じ得なくてはならない必然、希求が生じ、
また、
「倫理」
という概念もまた生じたのではないだろうか?
(すなわち、ここに於いて「悪」も生ずる)
だからと言って倫理など抱く必要もない、守らなくてもよい、ということにはならない。
倫理は「倫理」である。
ひとつの「概念」が端に生じた、始まったというだけである。
端に我々の抱き持つ「倫理」感は
これらの五戒律に端を発し
受け継がれてきたもの、刷り込まれているものなのではないだろうか?
という疑問である。
ps広義で云えば、地球上総ての人間的感情、思想、価値などは、
ユダヤ教やバラモン教等の古代宗教言説に原理があるのではないだろうか?
なので「人間」の原理が「宗教」的言説なので宗教はなくならない。強い。基本。(信仰しないのも信仰では?)