2010年 10月 の記事

image from images #10/19










嗚呼、key緑の殺人を燃やすrefrainリフレイン。
中望の曇り、橋桁の運搬。
昼食はスパゲティとミルク。
何故、わたしなの?
鉄鋼の終焉を宴でgrowし、思いが壊れる。
挽肉が笑い、尖討をswingす!
笑止、だから言っただろ?

When You're Strange – まぼろしの世界


そろそろ、公開ですね!
Doorsの曲からブランド名を頂いている、
Maggie M’gill
としてはやはり紹介しておかないと!!
映画はご存知の、
60年代後半から70年代初めに活動したRockBand
The Doors
を題材にしたドキュメンタリーで、
サンダンス映画祭、ベルリン映画祭等で好評を博したそうです。
ジム・ジャームッシュ監督の撮影を担当していた
トム・ディチロ
が監督を務めたり、ナレーターを
ジョニー・デップ
が担当したりとDoors以外の見所もあり!
Tvブロスの映画評では、BANDの混沌性が出ているので、
逆にfan以外の人が観るとおもしろそうという評もありました。
まあ、でも結局
Jim・Morrison
にspotしていくんでしょう。
しかし、Jimの「声」はほんと感じる・・・・・・。
これほど、暴力的で官能を刺激させる「歌声」を聴いたことが無い。
さあ、視ろ、
さあ、開けろ、
さあ、そして、壊し潜り抜けろ、
超えてしまうのだ、
さすれば解る、
清められた言葉達が、
おまえを超える、
それは超越に壊す、
そこには総てが有り総てが無い、
おまえも・・・・・・・、
Hey, Maggie!
跳べ、
跳べ、
跳べ。

iPhoneを風船で宇宙へ!!

Homemade Spacecraft from Luke Geissbuhler on Vimeo.

これ、単純だけどスゴイ!!
映像を観てもらえれば判るけど、
iPhoneを風船で浮上させ(外気圏?)、
宇宙空間、地球の映像を録画してしまいました(驚
こういう、おもしろい発想をし実際にしてしまうところがほんと素晴らしい!
また、それを実現させてしまうテクノロジーの躍進、簡易性に感嘆!
(実はそうとうコスト掛かっている?)
そして、そのチームの中心人物が、
自分の息子と一緒に凧揚げして遊ぶような感じでやっているところがまた微笑ましい(笑
詳しくは下記で
Via: Brooklyn Space Program
PS 昔、これもまた夢を追いかけ風船で空中へ上がって行き、行方不明になったあの風船おじさんを思い出す。おじさんもこの映像のような風景を観たのだろうか・・・?

オタク度満載映画 「スコット・ピルグリム対セカイ(仮)」


「スコット・ピルグリム対セカイ(仮)」
という映画をご存知でしょうか?
アメリカのコミックが原作なんですが、
japanメイドなオタク度が高く、
マンガ、ゲーム、ロック (カタカナ表記的なcheapな感じ)
が好きな方は楽しめそうな、コメディ映画みたいです。
(予告編からも想像つく)
その「スコット・ピルグリム対セカイ(仮)」の日本での公開が危ぶまれているみたいです。
その公開を求める為の署名を集めるサイトがあったので紹介いたします。
「映画スコット・ピルグリム対セカイ(仮)劇場公開を求める会」
http://scottpilgrimjp.web.fc2.com/

ハンドル名でも大丈夫ですので、皆さんも署名してあげて下さい!
公開されない理由は色々あるみたいですが、
日本の劇場では報奨金制度みたいなものもあり、
邦画を公開せざるを得ない事情が劇場側にもあったりして、
ヒットを見込めない洋画が敬遠されたりすることもあるみたいです。
個人的にはお金を払って映画を観るならば、
余命いくばくも無い恋人が死んでしまうような邦画より、
こういうアホっぽく、蒼い青春的な映画を好むんで、
経済的には難しいところもあるかもしれませんが、是非とも公開してもらいたいです。
(逆にこういう運動で公開された映画はpayできるんじゃないだろうか?)
詳しい映画のストーリーや裏事情は映画評論家・町山智浩さんのポッドキャストを聴いてみて下さい!
(TBSラジオ「小島慶子・キラ☆キラ」より)
「サルまん」から生まれた「スコット・ピルグリムVSザ・ワールド」
http://www.tbsradio.jp/kirakira/2010/08/20100820-3.html

image from images #10/17

長時間、見続けると結構危険!!
ある、画像は30秒以上見続けると、ほんとに視覚認識が少しおかしくなります。
気をつけて鑑賞してください。

















物語、概念、叙情など此処には無い。
否、そもそも何も無いのかもしれない・・・・・・。
只、観察してみれば感じるはず・・・、
そもそも壊れていることに・・・。

TOP

INFORMATION

Illegitimate Son
Of
a Rock n’ Roll star.

Roll on, roll on,
Maggie M’Gill.

Most Viewed

Most Viewed Pages