宇多田ヒカルが、YouTubeにて自身のチャンネル
Utada Hikaru Official YouTube Channel
を開いて、
今までのシングルPVを公開しております。
(fanでは無いのでよくわからないが、主宰的、権利的にユニバーサルミュージック系は除いてあるみたい)
ミュージシャン自身(レコード会社含め)が期限設けず、
YouTubeにて楽曲を公開するって、ちょっと凄いことじゃないでしょうか?
実質、ここにUPしている曲は買わなくても構わないという意志表示だよね?
11月24日に発売されるアルバム『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.2』の新曲
Goodbye Happiness(↑画像)
のPVもUPされているので、
MP3音源を抽出できるか試してみましたが
難なく出来ました。
つまり、ここにUPされているシングルPVの曲は
音質は下がりますが、
音源は無料で手に入れられる、
宇多田ヒカル側には1円も還元されずに手に入れられるということです。
動画が貼り付けられなかったりコメントが出来なかったりと、色々制限がYouTube動画としてはありますが、
FullPV、Fullシングルを
アーティスト側が公開してしまうということが、
もの凄く驚きなのですがどうなのでしょう?
あんまり騒がれていないし。
UPされた楽曲に関しては、もう充分稼いだから、余裕なのかな?
本当はユニバーサルミュージック系をUPしたかったんじゃないのかな・・・という感も。
Utada Hikaru Official YouTube Channel – hikki さんのチャンネル
追記
11/17夜に、
「Media Interactive Inc. さんによる著作権侵害の申し立てにより削除されました」と表示され、視聴できなくなっている模様。
Media Interactiveによると
「EMIミュージックから依頼を受け、宇多田さんの違法動画を削除しており、誤って公式動画も削除してしまった。現在、公式動画を戻す作業を行っており、じきに戻る予定だ」
ということだけど、違法動画と公式動画の線引きってなんだ?
たしか、全てシングルPVだと思ったけど。
しかし、本人が許可しているのに何故にそうゆうことをするかな〜・・・そんなことしていると「音楽」は死ぬ。
Via : 宇多田ヒカルさんの公式動画がYouTubeから消える
追記2
単に間違えて消したみたい、とほほ・・・。

via : Youtubeの宇多田ヒカル公式チャンネルの動画、著作権侵害で全て削除される