最近、blogはUPしていないし暇だったので、最近感じたことを箇条的につぶやいてみます。。。

 

個々のTwitterをまとめリストにする

Togetter http://togetter.com/

で、炎上系まとめリストをダラ見。

Twitterも2ch化しつつある感。そもそも、Togetterも2chっぽいし。

リプライして著名人にツッコム気もわからないでもないが、2chもそうだが根底にルサンチマン自己顕示欲を感じる。(自身にもそう感じる)

真面目に討論してみても結局、暇つぶし、その時だけの優越を得たいだけのよう。

「ネット住人」の域を出ない卑小さ。

 

TwitterのTLでRT、QTされないが、自身のつぶやきや情報のパクリっぽいフォロアー(リスト含め)のtweetを見かける。

そこに情報の共有と自己顕示の関係を観る。

Twitter等のSNSに限らず、インターネット、情報送信・発信の促進は、情報取得の速さは競うが情報の希少さ、特異さは無くなる。

つまり、情報の共有化、シェア化

そして、Twitter等のSNSにより、情報取得の速さも無くなりつつあろう。否が応にも、皆と同じ情報を得てしまう。

しかし、Twitter等のSNSでは、その情報取得の速さを顕示するかのようにtweetする(したくなる)心理が働く。(まだまだ速さに価値があるのだろう)

「自己」を「顕示」したければ、本来は情報をclosedした方が情報の希少さ、特異さは高まり「自己」の評価も上がると思うが、SNSでは我先にとなり、瞬時にその情報の希少さ、特異さが無くなり、「自己」と小数しか知らない情報では無くなる。

この矛盾は社会学的に見ればおもしろい意味合いが含まれる。

 

三池 崇史監督の十三人の刺客にハマリ、クローズ1・2も観る。

男(オス)しか持ち得ない「暴力」「ロマンティズム」を汗臭く、緊張感に溢れテンションの高い描写で描く、武骨な3本。

女だったら即妊娠してしまうような、濃厚なスペルマを掻けるかのよう。

3本総てに出演している山田孝之の演技が、テンション張り詰めていて最高。

一命も期待。(海老蔵は多分鼻血もの)

ヤンキー流れで品川庄司の品川監督、ドロップも観る。

期待しないで観たが、喧嘩だけにスポットしない、ビーバップハイスクール的な物語展開が良く、おもしろい。(色々エピソード詰めすぎて、途中ダレルが)

水嶋ヒロが何気に良い。。。

クローズとドロップが売れ(よく行くレンタル屋では未だに平置き)ちょっとした「ヤンキー」ブームと云われたりするが、わかる気もする。

世の中はiPhone4Sを欲しがる人ばかりではない。(俺の周りにはスマホを持っている奴がほとんどいない)

 

世の中はiPhone4Sを欲しがる人ばかりではない、と書いたが自身は最近iPhone3Gを入手。

ソフトバンクのiPhone4S無償交換した弟から、要らなくなった3Gを譲り受ける。

3Gなので4Sと比べると色々と出来ないことはあるが、「iPhone」のPhoneを抜いた「iPod」機能を使え経験することは結構大きい。

「App」という機能、概念性はやはり特質。

スマホでAppを使うことにより、辞書機能も「遊び」になる。

自身は音楽系Appで遊んだりすることが多いが、英単語の学習をAppですると苦にならなかったりする心理が働くことに驚く。

音楽を聴きながらAppで学習、なんていうことを通勤電車の中で出来る感覚は、やはり新鮮。

iPhoneのハード自体が持つ、気軽さ、大きさ、軽さも絶妙であろう。

しかし、当たり前だが、ハードもAppも慣れると「普通」になるところがまた驚く。生活を変えるとはこのことか?(携帯電話が変えた生活とは違う次元、概念)

個人的にはポッドキャストが良い。ラジオの良さを再認識。

自分はdocomoキャリアなのでアンドロイド系のスマホ及びタブレットをチェックしてみたが、微妙に違う、なんかイライラした。

理由はよくわからないが身体的感覚で拒絶反応が出る。iPhoneびいきの偏見で思い過ごしではないと思う。

 

実はNON BRAND名義とMaggieM’gill名義の新作デザインが幾つかあるが、思うところあって発表していない。

デザインに関して感慨があるのではなく、個人的な心情が原因。

まあ、たいした理由ではないので、近い内に発表しよう。。。