とあるところで古雑誌の整理をし、芥川賞受賞作が掲載されている号が3冊出てきたので、掲載分5本の受賞作をまとめて読んでみた感想を備忘録的にダラダラと。。。

読んだ受賞作は

2007年受賞 川上末映子「乳と卵」

2010年受賞 朝吹真理子「きことわ」 西村賢太「苦役列車」

2011年受賞 田中慎弥「共食い」 円城塔「道化師の蝶」

の5作。

 

まず、2007年受賞 川上末映子「乳と卵」

句読点の使い方がおもしろく、それにより口語体の文体のリズムが妙でおもしろい。

村上龍が選評で「アルバート・アイラーの演奏を想起させるような~~~」と言っているが、云い得てる。

話し言葉の文体、節々が妙なリズムで畳み込んでくる。まさしく、フリージャズの演奏の様。

一見めちゃくちゃな感がするが、ものすごく心地良いリズムであり音楽的印象。
(関西弁を使うところも関係しているかも)

母と娘の関係性を軸にした小説だが、心理描写なぞは少女マンガ風。
物語も特におもしろいというわけではない。それらを求めるならば、良質な少女マンガの方が上。

しかし、文体はほんとにおもしろい。それだけで読ませる。言葉のフリージャズ

 

次、2010年受賞 朝吹真理子「きことわ」

そんなに小説を読んでいるわけではないが、もの凄く技巧が高い
5作の中では1番技術があり、かつ女性らしいおしゃれな文体

時間感覚の不思議さを書きたかったという旨のことを作者は言っていて、その描写に成功しているのか、描写(心理含む)の映像が身体性をおびて感覚するように浮かぶ。

叙情的な映像、映画にすればおもしろいと感じる。

あまりにも技術が高くうまく書かれていたからか、映像は頭に残っているが物語それ自体の印象が薄い。

マニュエル・ゴッチングの「E2-E4」が小道具として出て来るところは、ジャーマンrockファンを喜ばせる。

 

次、2010年受賞 西村賢太「苦役列車」

物語としては5作の中で1番おもしろく読めたが、自身の経験と重なる所が多々あり読んでいて少々痛かった

日払い等で食いつなぎ怠惰な生活をしたことがある者は、自分の恥部を読んでいると感じるはず。
ドキュメントのよう。

選考委員の選評でだれかが似たようなこと書いていたが、あまりにも「リアル」過ぎて小説としての救い跳躍答えがなく、それらがないのがより一掃今の「リアル」を描いており(作者の80年代のことらしいが)、読む人によっては辛く感じ、また物語に興味が湧かないかもしれない。

私小説にありがちなルサンチマン満載ではあるが、愚痴になっていないところがやはり「作品」なのだと思う。

結構、日常的には使わない古い言い回し、言葉も出て来る。

やはり自分にとっては痛い小説だ。

 

次、2011年受賞 田中慎弥「共食い」

受賞会見が話題になった作家の作品。

一読した直後の感想は、もの凄く読みやすかった。有名な文豪の作品を読んでいる感。

受賞会見の印象から勝手に想像していた小説とは違っていた。

セックスや暴力の描写が多かったが、生真面目な作家像が文体から見える気がする。

物語の構成や文体はとてもうまくまとまり5作の中では1番読みやすかったのだが、閉じた地方の川辺の描写とセックスや暴力との関係性、必然性が正直わからなかった。
要するに主題が「何」を書いているのかが自分にはわからなかった。

正直、つまらなかった。しかし、すらっと読める。

多分、「文学」としては正統な体なのだろう。

 

最後に、2011年受賞 円城塔「道化師の蝶」

選考委員の選評を読むと受賞に際し相当揉めた問題作。

簡単に言うと「何が書いてあるのかがまったくわからない作品」

田中慎弥「共食い」のように主題の「何」がわからないのでなく、物語文体言葉自体がわからず物語の起承転結さえなく(そのような形、体はある)無意味化した言葉の小説のよう。

揉めた選考会で川上弘美は

「宇宙論の三次元、四次元、五次元、六次元という譬えに引き、粒子が各次元で変化するように、言語も変化し無意味化していく小説」

と意見したらしいが、この小説を説明するのにはわかりやすいかもしれない。

個人的な言い方では

「まったく何が書いていあるのかがわからないが、それがおもしろいということはわかる小説」

という感じ。理系気質な方は知的な興奮が裏に隠されていることを感じるかもしれない。

たしかに難解で物語としても読めないので、読む人によっては退屈極まりないかもしれないが、自分は5作の中でこれが1番おもしろく推したい!

 

5作読み終わり、円城塔と西村賢太は是非他の作品も読んでみたいと思った。(川上末映子もかな・・・)

自分はあまり小説は読まないのだけれど小説は同じ物語でも、映像とは違う回路の情報が凝縮されてあるので、脳の活性化のためにたまには読まないとね。。。