「攻殻機動隊」新シリーズ「ARISE」始動!
ということで最近またまた盛り上がっている公安9課ですがw

TVシリーズS.A.C.の重要キャラ
笑い男
のTシャツデザインにご要望があり、
既出のデザイン

http://info.maggiemgill.com/?page_id=1780
http://info.maggiemgill.com/?page_id=1776

に加え、背面プリントを入れたデザインで追加発射!致します。

劇中、笑い男、アオイが授産施設のロッカーに落書きをした

「I thought what I’d do was, I’d pretend I was one of those deaf-mutes or should I?」
(僕は耳と目を閉じ口をつぐんだ人間になろうと考えたんだ。だが、ならざるべきか?)

の、ロゴマークに記載されているサリンジャーの言葉以外の、
「or should I?」の部分、つまりアオイの逡巡している言葉を背面にプリントしました。

こういうデザインのアイデアは、本当に攻殻が好きで、笑い男に感情移入していないと出てこないアイデアです。
(オフィシャル物にはこういう愛情が感じられない・・・)
本当にご要望、有難うございました!
また、ご要望には極力お応え致しますので、気楽にご意見をお聞かせください!

取り扱いドロップシッピング販売会社はT-SHIRTS TRINTYのみでの取り扱いです。

T-SHIRTS TRINITY
追記 販売は終了いたしました。

宜しくお願い致します!!

——- TシャツPAGE ・DESIGNコメント ——-

笑い男 (両面プリント)

TVアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』に登場する架空のクラッカー『笑い男』のシンボルマーク。

電脳化が進んだ近未来を舞台とした物語で、ネット、マスコミはもちろん、人々の電脳等へハッキングをする劇場型犯罪者として描かれ、劇中では事件の声明をするときなどのイメージ等で使用されるマーク。

『笑い男』は架空ではあるが、昨今のハックティビズム:Hacktivism集団・アノニマス(Anonymous)が映画『V for Vendetta』で有名になったガイ・フォークスの仮面をイメージに使用し劇場型犯罪に扇動することより先駆けで、雛形か?

『笑い男』とはJ・D・サリンジャーの自薦短篇集『ナイン・ストーリーズ』に『笑い男』という短編からきており、マーク内の言葉と意味は『I thought what I’d do was, I’d pretend I was one of those deaf-mutes(僕は耳と目を閉じ口をつぐんだ人間になろうと考えた)』で、サリンジャーの小説『ライ麦畑でつかまえて』25章から引用された言葉。

背面の『or should I?(だが、ならざるべきか?)』は『笑い男』ことアオイが劇中で上記のサリンジャーの言葉の後に付け加えた逡巡の言葉。

マークのデザイナーは、Aphex Twin (エイフェックス・ツイン) のロゴマークを創ったポール・ニコルソン。

 
 

 
 
 

 
 

T-SHIRTS TRINITY

 

Tシャツ等のご要望を頂けば出来るかぎりお応えいたしますので、
どんな細かいことでもいいですから(サイズ、カラー、デザイン等のご要望)
Twitter・@maggiemgiil_com
へのメンションなり
CONTACT PAGEinfo@maggiemgill.com
へお気軽にお声をお聞かせ下さい!!