遅ればせながら、当ブランドも微力ながら東日本大震災義援金チャリティTシャツキャンペーンを6月いっぱいまで、全商品を対象に実施させて頂きます。

上記のバナーどうり、当ブランドでの製造販売商品は1アイテムにつき1,000円を

また、ドロップシッピングシステム販売会社から購入される商品については、販売会社から頂く報酬のすべてを寄付させて頂きます。

募金窓口は各被災地の災害対策本部へと考えましたが、一応政府を信じ、まとめて東日本大震災義援金政府窓口への寄付を予定しております。(他に良い募金先があれば変更することもあります。)

 

震災が起き、非被災地の方は何かやらなければと即行動を起こした方、何も出来ず焦燥感に苛まれ方、色々だったと思います。

自分も何かやらなければと思い、いざ行動しようと思うとほとんど無力な自分に気が付かされるばかりで

微々たる募金をし、また努めて日常に戻る日々であります。

 

同じような活動をしているインディーズTシャツブランドさんや大手アパレルブランドさんなどが即始めたのが

この義援金チャリティTシャツキャンペーンです。

 

正直、始めようと決意するまで色々考え悩みました。

「商売」という側面があるかぎり、どんなに透明性を打ち出しても偽善であり売名であるという面は拭いきれません。

正直、未だ自分のなかでは整理がついていません。

 

ですが、色々考えているよりはやった方が良いんじゃないかという結論に一応到りました。

難しいことは良くわかりませんが、今回の震災で自分がする「アクション」のひとつがこれだということです。

 

震災に対するアクションが遅くなりましたが、被災地にとって遅いということは全然ないので当ブランドも東日本大震災義援金チャリティTシャツキャンペーンを6月いっぱいまで実施させて頂くことにいたします。

ご賛同、ご協力して頂ければ幸いであります。

 

Maggie M’Gill/Mushroon cloud of the MAN 代表  Masateru