アノニマス(Anonymous)Tシャツ(T-Shirts)がなかなかの好評で、
また、ハッカー集団のクラックが収まりそうもない世界各国ですが(日本はSONY以外安穏ね)、
アノニマス(Anonymous)と2分する有名ハッカー集団、
LulzSec(ラルズセック)の新作Tシャツ(T-Shirts)を2作UPしました!!

デザインとしては公表のLOGO(ロゴ)と
LulzSec(ラルズセック)の声明文に掲げているアスキーアート(ASCII Art)をそのままPRINTしたものなので、
特にオリジナリティはありませんが、GEEKなハッカーさん達には喜んで頂けるかと思います!!

ドロップシッピング販売会社はいつもの

Oh Yeah!

ZAZZLE

の2社にUPしています。
宜しくお願い致します!

TシャツPAGE LulzSec(ラルズセック)Teeへのコメント

各国政府や特定企業へのサイバー攻撃をする愉快犯的ハッカー集団。
「Lulz」とは「大笑い、面白い」の Lolの変化形で「Sec」はセキュリティ・Securityの略。

Tシャツのデザインは、ラルズセック(LulzSec)が公表する声明文に掲げるアスキーアート。

また、ラルズセック(LulzSec)のロゴの意味は『それほどに真剣じゃない』という、クラックを行う時の無思想感の表現だとか。

ハッカー集団として有名なのはアノニマス(Anonymous)が居るが、アノニマス(Anonymous)がターゲットとする団体等へ政治的な抗議に基づきサイバー攻撃をし運動を標榜するのに対し、ラルズセック(LulzSec)はターゲットとする団体等のセキュリティを突破すること自体を主の目的とし、思想的背景がない愉快犯的ハッカー集団、インターネットミームである。
自称、「ハイクオリティなエンターテイメント の世界的リーダー」。

ターゲットとなった団体には、SONYや任天堂、Mojang、CCP Games、Riot Gamesといったゲームメーカーが多いが、米上院、CIA、PBSやFoxのサーバも攻撃されている。
(変わった例ではポルノサイトの政府、軍関係の個人アカウントを公表)

『退屈だからセキュリティを笑い飛ばす』と公言し愉快犯であるラルズセック(LulzSec)は、アクセスした個人情報等を悪用はせず、犯行声明などで相手を挑発したりして、楽しみ、馬鹿にする、という態度で扱いに困る集団ではある。
(攻撃したゲームメーカーが好きだから攻撃した、と嘯く声明も)