先日、ソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)がサイバー攻撃、ハッキングをされ、
1テラバイトあまりのデータを盗まれ、金正恩の暗殺計画を描いたコメディ映画
「The Interview」
を公開する映画館を攻撃する!と脅迫されて、同映画の公開を中止にした事件が起こりました。

米連邦捜査局(FBI)は北朝鮮が、今回のサイバー攻撃に関与していたと断定し、
オバマ大統領もコメントを出し、中国に調査等の協力を要請するなど、
単なるソニーのセキュリティに対するお粗末な事件とは言えない状況になっております。

セキュリティーの専門家によると、北朝鮮の関与には疑問があるとし、単なる愉快犯の線も残りますが、
北朝鮮側は、一切の関与を否定し、「重大な結末」を招く可能性を示唆し、米国が報復措置をとれば反撃をすると表明し、軍事的、外交的な様相を呈しています。

当ブランドもこのソニーへのハッキング事件に注目し、
サイバー空間での新しいテロの脅迫の形が、最早、SFの世界ではないという今回の時事を受け、デザインしてみました。

色と★のせいか、タミヤ模型のロゴっぽい感じで、事の深刻さとは裏腹にPOPな感じで気に入っています!

プリントされたTシャツをお求めの方は以下の3社にUP致しましたので、
プリント、お値段の違いがございますので、各社チェックして比べてみて下さい。

Oh Yeah!

T-SHIRTS TRINITY

Zazzle

どうぞ、宜しくお願い致します!

——- TシャツPAGE ・DESIGNコメント ——-
NORTH KOREA HACKED SONY
 
米連邦捜査局(FBI)はソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)へのサイバー攻撃に北朝鮮が関与していたと断定した。
 
このサイバー攻撃、ハッキングに対してソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)は1テラバイトあまりのデータを盗まれ、金正恩の暗殺計画を描いたコメディ映画「The Interview」を公開する映画館を攻撃する、と脅迫され、同映画の公開を中止にした。
 
公開中止を受け、米国・オバマ大統領はテロに「公開中止はテロに屈することで間違いだ」とコメント。
 
米連邦捜査局(FBI)の声明を受け、北朝鮮外務省は一切の関与を否定し、FBIの断定は「重大な結末」を招く可能性があるとし、米国が報復措置をとれば反撃すると表明。
 
しかし、セキュリティの専門家の間では、北朝鮮の関与に疑問を持つ者も多く、今回のサイバー攻撃を仕掛けた「Guardians of Peace」を名乗る集団の攻撃の多くは北朝鮮からのものであり、北朝鮮からのものに見せかけたものなのではないかという疑いももたれている。
 
また、ソニー・ピクチャーズ(Sony Pictures)は公開中止の決定は米国の劇場主の大半が同作品を上映しないという結果を受けたもので、劇場公開出来る選択の余地がなかったとし、別の方法で「The Interview」の公開を模索していると表明した。

 

 
Tシャツ等のご要望を頂けば出来るかぎりお応えいたしますので、
どんな細かいことでもいいですから(サイズ、カラー、デザイン等のご要望)
Twitter・@maggiemgiil_com
へのメンションなり
CONTACT PAGEinfo@maggiemgill.com
へお気軽にお声をお聞かせ下さい!!