Pulla Mgi Maoka Maica – 01_chunk_1

To | Myspace Video

ネットをダラダラ徘徊していると、
妙に鬱アニメ?として評価が高く、評判だったので気になって見たら、
扱っているテーマが重く、結構ハマッチャいました!
via:鬱アニメ『魔法少女まどか☆マギカ』救いはあるか?重すぎる「契約」結んださやか
via:絵にだまされるな!アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」はリアル社会だ!
これらの記事にもあるとうり、

絵が萌え萌えなので、アニメファンでなければ見てみようとなかなか思わないですが、
見てみるとやっていることが、現代社会のやりとり、葛藤そのものだったりで、
感情移入して見ているとたしかに鬱になります(笑
お話は、魔女と戦うために人間の女の子に魔法を授けて戦ってもらうというストーリーで、
その人間の女の子に魔法少女になってもらい戦ってもらうために、
願いごとをひとつだけ叶えてあげるという契約をキュウべえという生物(犬みたいなキャラ)とするのだけれど、
この
「願いごとをひとつだけ」
というのがくせもので、
「借金全部払ってやるかわりに身柄拘束」
と言わんばかりの現実に於ける契約事の葛藤みたいで、
自己利益

対価(話の中でも対価と言っている)
の関係そのものであったりして身につまされます。
その辺のセリフもカワイイキャラで淡々と言ったりするので妙に怖く感じるところも多々。
また、絵的にいうと魔女と戦う結界のシーンは、軽くシュールリアリスムっぽく、斬新です。
(関係ないですが、日本のアニメ描写はおもしろいものを描こうという意欲が見れて、自称アーティストの絵画より刺激的です。)
エヴァ的な鬱とは少し違った精神描写で、
また、エンターテイメント的にもおもしろいので、
薄い刑事ドラマや恋愛ものより、明らかに重いので、
絵で見ず嫌いにならずチラっと見てみてはどうでしょう。