ご存知のとうり、東日本一帯で大地震が発生致しました。
いろいろな思いがあるが、何を言っていいのやら・・・
予算関連も通っておらず、中東・北アフリカの不安定情勢、そしてなにやら円高の様子で
「円急伸、81円台後半〔ロンドン外為〕」
この状況ですから、
おそらく、緩やかに経済的にも政情的にも生活的にも世界的にも、
困窮する状況がくるんじゃないでしょうか?
(労働者特に)
しかし、何か変わる気がします。
数ヶ月なのか数年なのか、はたまた何もないか?・・・
その間大変で不安ではありますが、

がんばりましょう!!

こういう状況になっても日本では略奪、強盗等の犯罪もほとんど見られず、
みなさんの善意が観察できる状況かと思います。
日本人は共生が得意なのです。
そのために覚悟しときましょう。
そして、生きていくために、何を優先にするのか?
傷を癒すには、相当の時間が掛かりますが、
生きていれば生きています
動いていれば変わります
生きる「意味」とは「未来」のためにあるのです。
総ての行動は時間軸でいう、毎秒毎秒先の行為のための行動(思考)であるからです。
(過去の行為のための行動はなく、現在、今という「時間」はそもそも一瞬の存在でしかない)
真的には生きる意味などありませんが、
「時間」の概念を持つわれわれは「意味」を持ちざるを得ません。
それが「人生」という物語です。
こういう不条理が露呈した状況だからこそ、
辛いですが、動いていきましょう。
生きていれば、未来がきますから
また、遅れましたが今回の東日本大地震による被災者にお悔やみとお見舞いを申しあげます。