このTシャツのアートを手懸けた ” けいかみえいち ” の本作品に対するコメントを紹介致します。
 
『苦肉の策としてのとぐろ構造。
蠢くウジ虫の増殖さながらに見詰める視線は錯綜しつつ、気持ち悪いけれど見蕩れてしまうポップなかわいさは何度目かのデジャブ。
事実として名も無きキャラクター群像の成す、無表情のイメージイコンは確実に一連の作風に連なるそれ。
鉛筆運びのタッチはよりクリアに単純に綺麗な線描に。
洗練の副作用として、画面が堅くなってしまった感は否めないが、その分イマジネーションの具現化はスムーズに。
試行錯誤に暗中模索し艱難辛苦の紆余曲折を経た安定感は、成長の必然として御許し頂きたい。
というまでもなく、描き続ける結果、変わり続ける過程に発生する丹精な空気感は、それだけで財産であるだろう。』
 
 
この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。




SHOP PAGE > T-Shirt