このTシャツのアートを手懸けた ” けいかみえいち ” の本作品に対するコメントを紹介致します。
 
『平面から立体的な空間認識下に、かってに自身で捏造した悪い意味での洗練に居座る、様式への依存から生じる裏返しの自由度感。
足枷となるはずのアイデンティファイされたオリジナリティらしさを経ることで得られる広大な地平。
なぜを置き去りに放置した果てに訪れる根拠無きあえての選択で見えてくる、螺旋運動の一回り上に広がり続ける次元。
そうとして描かれるべき理由と動機を欠いたイメージの広域的放射。
窮屈な固定客の囲い込み足るへつらい気味の御慰み、清々しい通りすがりの御新規さんの取り込みに走る、アピールも忘れずに執り行いつつ、良い意味で裏切り続けることのクリエイト癖。
つねに付き纏う始まりと終わりの予感。それだけが支えとして。』
 
 
この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。




SHOP PAGE > T-Shirt