このTシャツのアートを手懸けた ” けいかみえいち ” の本作品に対するコメントを紹介致します。
 
『はじめにテキストありきという、自己完結した情況論からの撤退。
理想としてはそうといえることの怠惰。このテキスト自体がそう、というメタレベルからの脱却。
いきおい、作風は自然を装った青春暴走野郎への郷愁へ。
そのためスマイル顔(笑い・微笑・苦笑・嘲笑)の氾濫。
こうして言葉で語ることの陳腐の彼方へ。意味性よりも感情の強度へ。
イメージの圧倒的優位性の確認。が、そこに居座り居直るのではない、批評性の立ち位置への目配せも忘れないこと。
アンビバレンスな、その分裂を生きることの挑戦的生活癖。
笑って誤魔化しお茶を濁すには、あまりにも苛酷な作業の忘却気味白痴とスノッブ的天然を醸し出しほのめかすスマイルキャラを反復増殖させることの病的時間が描くことの本質としての完成に向けてやらなくてはいけないことが九割であるという現実を直視。
それが表に出ないことの政治性に必要のない言葉での説明を添えることの意味確認として。』
 
 
この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。




SHOP PAGE > T-Shirt