このTシャツのアートを手懸けた ” けいかみえいち ” の本作品に対するコメントを紹介致します。
 
『さる、サル、猿、チンパンジー、エイプ。
なんでもいいのだが、見て取れる、ただそれだけのイメージ、というより、単なる網膜的画像。
ゆえに思弁的テキストを受け付けない、言葉を必要としない絵。という当の思弁を否定する程に語り過ぎる雄弁さがうるさい、意味誇示的外観を呈した細部の書き込み癖。
細部ではない叮嚀さが、美しさとは必ずしもいえない綺麗な仕上がりに、技術偏重の罠を申し立てる。
書き飛ばしより悪質な書き込みの作業に没頭させたとはいえば嘘になり、実際それほど時間はかかっていない工程に苦痛はなく、楽しく描けているという現実に、完全降伏の感情がよぎる。意味の無いイメージが逆に見る者との癒着した関係性を仕立て上げつつ意味を発散し始めることの回避しがたい困難な真実。
それに乗ることと降りることの狭間で開き直ることの容易さ。それでも描くしかないとすれば、端からなにも考えずに、筆を振りかざすしかないと思うのも束の間、垢抜けたイメージのソースは泥臭いリアルさにあるという当たり前の事実に、ならばそれを利用しようと手練手管に右往左往するも、そこで、描くことではなくなるべく描かないことで維持し得るのがリアルだとの決定的な見解に多産の夢は断たれる。
安定的な量産はありえないとばかりにイメージの刷新は日々繰り返され、使い捨てにされるイメージ郡の残骸は打ち棄てられ、もったいないという、エコロジーの精神はタブローには適用されず、そもそも描くことは贅沢な立ち居振る舞いだというざんてい前提の再確認に冷や汗も吹き出る。
描くことはたやすいが、それを裏付ける根拠の捏造、つまり、言葉は確実に必要だろう。
という言い訳の洗練自体がそれ自体の正当性を保証していく。
というトートロジーを鄭重に擁護する必要性は必ずしも存在しないが、そこに言葉が付け入る隙が生じ、その空隙がイメージにとっての魅力であることは確実であろう。
描きつつ書くことの決意表明を。』
 
 
この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。




SHOP PAGE > T-Shirt