Rejection or adoption of a symbol of beauty – Pixelization Vermeer’s “The Girl With The Pearl Earring”

ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)は、17世紀にオランダで活躍した画家。

デザインはそのフェルメールの【真珠の耳飾りの少女(The Girl With The Pearl Earring・Het meisje met de parel)】、別名【青いターバンの少女】をモザイク化(pixelization)したもの。

【真珠の耳飾りの少女】は「オランダのモナ・リザ」と言われ、フェルメールの絵画の代表作であり、少女の官能性が人々を魅了している。

この名画のモザイク化・Mosaic(Pixelization・ピクセル化)したデザインは私達の「視覚」または、「美覚?」は記号の取捨による、脳内での物語性の構築ではないか?という疑問をデザインにより視覚化、モザイク化し、名画とは似て非なる、その画像と共に、未だに名画を鑑賞した時のような美的感覚が発生するのか?という実験でもあり、恣意的な物語性の構築、捏造の追体験でもある。

また、原画の色彩情報をデジタルな数値化を施しモザイク化(取捨)することにより、逆説的にそのデジタル記号(ピクセル)の配列に名画の美しさの「本質」が観察出来るかと考える。

美の記号の取捨・モザイク化シリーズ全5作のなかで、モザイクの美しさが1番表現されている。
フェルメールの作品は鑑賞者に解釈の自由を与えないほど、描きたいものを「数式」のように明確に表現されている、と考える。「明確」故、モザイク化、「記号」化をしても、その「美」しさの劣化はない。また、背景が「黒」なのもモザイク化には適する。「黒」は「0」に、「色」は「1」に、容易に変換出来るからである。

私達が抱く
「美」
とは何か?

この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。

 

UP-SOLD
T-SHIRTS TRINITY
Oh Yeah!
ZAZZLE

 

SHOP PAGE > T-Shirt