Rejection or adoption of a symbol of beauty
Pixelization ” Portrait of Adele Bloch-Bauer I “

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)は、オーストリアの画家。

デザインはそのクリムトの【アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像(Portrait of Adele Bloch-Bauer I)】をモザイク化(Pixelization)したもの。

クリムトはこの絵の完成に3年をかけ制作。2006年には、絵画として当時の最高値の156億円で売却された。

クリムトの作品は絵画としてはデザイン的に奇抜でおもしろいものが多く、女性をモチーフにした官能的でエロティックな作品も多く、肖像画にしても甘美で耽美な世界に浸らせてくれる。

この名画のモザイク化・Mosaic(Pixelization・ピクセル化)したデザインは私達の「視覚」または、「美覚?」は記号の取捨による、脳内での物語性の構築ではないか?という疑問をデザインにより視覚化、モザイク化し、名画とは似て非なる、その画像と共に、未だに名画を鑑賞した時のような美的感覚が発生するのか?という実験でもあり、恣意的な物語性の構築、捏造の追体験でもある。

また、原画の色彩情報をデジタルな数値化を施しモザイク化(取捨)することにより、逆説的にそのデジタル記号(ピクセル)の配列に名画の美しさの「本質」が観察出来るかと考える。

モザイク化にする際、【アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像】は絵画のままでも、既にモザイク化していることが観察される。つまり、「ピクセル(ドット)」「点」で詳細に描いており(作画的にも概念的にも)、その「点」は総て作家クリムトの意図する意識的な「美(絵画)」に於ける「記号」の操作、誘導、創作である。

だからして、モザイク化したデジタル画像でも甘美で耽美な世界に浸らせてくれる。

私達が抱く
「美」
とは何か?

この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。

 

UP-SOLD
T-SHIRTS TRINITY
Oh Yeah!
ZAZZLE

 

SHOP PAGE > T-Shirt