Rejection or adoption of a symbol of beauty
Pixelization “ukiyo-e Mikaeri-bijin”

菱川 師宣(ひしかわ もろのぶ)は、日本の画家、最初の浮世絵師である。

デザインはその師宣の【見返り美人図(Mikaeri-bijin-zu)】をモザイク化(Pixelization)したもの。

【見返り美人図(Mikaeri-bijin)】は師宣の代表作であり、版画ではなく肉筆画。着物、帯を美しく見せる為の構図、「見返り」と言われている。美人画浮世絵の代表作でもあろうが、昭和23年11月29日発行の記念切手の図案に採用され、一般に周知される。

この名画のモザイク化・Mosaic(Pixelization・ピクセル化)したデザインは私達の「視覚」または、「美覚?」は記号の取捨による、脳内での物語性の構築ではないか?という疑問をデザインにより視覚化、モザイク化し、名画とは似て非なる、その画像と共に、未だに名画を鑑賞した時のような美的感覚が発生するのか?という実験でもあり、恣意的な物語性の構築、捏造の追体験でもある。

また、原画の色彩情報をデジタルな数値化を施しモザイク化(取捨)することにより、逆説的にそのデジタル記号(ピクセル)の配列に名画の美しさの「本質」が観察出来るかと考える。

この作品をモザイク化にする際、【モナ・リザ】と似た、アナログからデジタルに変換しづらい絵画であることが観察される。それは【モナ・リザ】の持つ、色調や構図が完璧過ぎてモザイク化、記号化する困難さではなく、抽象的だが「手書き(肉筆)」でしか表せない「モノ」、決して「デジタル」、「記号」には変換出来ない「アナログ」的な唯一無二なものだろう、と考える。
そのような考察からモザイク化にする為「美」の記号比率を少なくし、「視」の記号比率を重点した。
(つまり、取捨。「美」の比率を上げると、単なるピクセレートが粗い原画になる)

「0」や「1」で表現出来ないものに私達は「真」を観る。

私達が抱く
「美」
とは何か?

この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。

 

UP-SOLD
T-SHIRTS TRINITY
Oh Yeah!
ZAZZLE

 

SHOP PAGE > T-Shirt