このTシャツのアートを手懸けた ” けいかみえいち ” の本作品に対するコメントを紹介致します。
 
『 菌類から昆虫へ、粘着質から乾燥へ、迷いから確信へ、でも、いい意味での垢抜けなさ。
そこから、探り探りの方向性が意識的な作風に昇華していく過程の提示。偽装されたカオスの中にあって圧倒的な秩序の眺めが香る規則正しい理路整然さ。
いってみれば身じろぎもしない英雄無き群衆のキャラだち。そこには描いていて変化があり比較的速い期間で描き上げられ、次の展開が読めずに期待感の中で進められたためか、目に見えて迫ってくる印象の単調さは少なく、むしろ運動すら感じさせ、無理矢理円周にはめ込んだことで爆発力は封じ込められ、勢いは削がれ、見た目のインパクトは減じたかに見えたが、その密閉感に内圧は上昇し、破裂寸前の緊張感というオマケがついてきた。 』




SHOP PAGE > T-Shirt