このTシャツのアートを手懸けた ” けいかみえいち ” の本作品に対するコメントを紹介致します。
 
『原点に還る、ルネサンスセンス。個性的な稚拙から洗練された没個性に到る道すがらに獲得された作品としての完成度。
そんなものいらないと否定回避する迄もなく、こなれてしまうことの成長過程。
そこからイメージのおもしろさに回避することの無根拠な決断。整理整頓された混沌としてのアナーキズム。
作意意識的に描こうとする事と、はからずも描いてしまう事の幸福な邂逅へ向けた新鮮な気概・気分・気持ちのキープ。
初心を忘れることもなく、それでいて柔軟な変化と不断に為される刷新書き換えの可能性も温存維持。
デザインとしての円形枠型はその呼び水に。フルーツの詰め合わせというモチーフの選択も極自然な展開と自分に言い聞かせて決行。
出来上がったゴールを見て、ひとがどう思うのかは未知数で、カワイイという漠然とした曖昧な幅の広い評価軸に縋り付くのも悪くはないのかも。
が依然大量生産体制には到らずに細々と続けるしかないと心地好い辟易。』
 
 
この商品はドロップシッピングシステム販売での取り扱いとなります。
商品の詳しいお問い合わせはドロップシッピング製造販売会社へお問い合わせ下さい。


片面PRINT

両面PRINT


SHOP PAGE > T-Shirt