カテゴリー: 本

近時、芥川賞受賞作まとめ読み

とあるところで古雑誌の整理をし、芥川賞受賞作が掲載されている号が3冊出てきたので、掲載分5本の受賞作をまとめて読んでみた感想を備忘録的にダラダラと。。。 読んだ受賞作は 2007年受賞 川上末映子「乳と卵」 2010年受…


自己愛型社会

「自己愛型社会―ナルシスの時代の終焉 」 を読んで1章のみ箇条メモ。 私感として、団塊世代前後から自己愛の充足を是とし、 自分の欲望、 「自己実現」 を唯一のモチベーションとして、 自分の快楽、感情を価値観の中心にし、社…


「SFは絵だ!」資料的メモ

    第5回 日本SF評論集 選考委員特別賞受賞作 「文字のないSF―イスフェークを探して」 S-Fマガジン 2010年 06月号 掲載を読み、資料的メモ。 ●序章・出発点としての野田昌宏 「SFっ…


寝ながら学べる構造主義のプチレポート

寝ながら学べる構造主義 (文春新書)を読んだ時のプチリポートが出て来たので、メモとしてUPしておく候。 ●「存在すること」 とは与えられた状況の中でじっと静止しており、自然的、事物的な存在者という立場に甘んじること。 静…


仏陀の公式

「ブッダ論理学五つの難問」がおもしろい。 平易な文で読みやすく論証もおもしろい。 まだ、読みかけだがメモ的に。 本書はブッダの教説が現代論理学を超えた、 ブッダ(釈迦)の論理に拠って表されていることを、 現代論理学とそれ…